ちりっくのロゴ

熱海温泉で子供連れにおすすめの宿4選!ベビーグッズのレンタルも

ホテル・旅館・温泉

share

タグ
,

子供連れ熱海温泉を満喫したい!と意気込むものの、「おむつ外れ前の赤ちゃんが入れる温泉はある?」「子供が騒いで温泉や食事を楽しめないかも…」と心配なお父さん、お母さんも多いのではないでしょうか?

そこで今回は、子供連れでも熱海で快適に1泊できる、おすすめの温泉宿4選をご紹介。0歳でも居心地よい宿や、キッズがその場で楽しめる宿も掲載しました。

この記事を読み、安心して熱海温泉を楽しみましょう!

この記事を監修した人

枠線付き 円形プロフィール画像
Hatsu

東海地方出身、生まれてから現在まで20年以上在住。ローカル知識を生かし、ついつい読みたくなるお出かけ情報を発信します!

    目次

  1. 熱海後楽園ホテル
  2. リゾナーレ熱海
  3. ホテル貫一
  4. さくらや旅館
  5. おすすめ宿なら子供連れでも安心♪熱海温泉を楽しもう

熱海後楽園ホテル

赤ちゃん連れでも快適な1泊を楽しめると大好評の宿が「熱海後楽園ホテル」です。

旅行中は、赤ちゃんのお風呂や食事を、大人とは別にするのも一般的。一方、それだと一緒に旅行した気分になりにくいものです。

熱海後楽園ホテルなら、大浴場にバスチェアがあるため、赤ちゃんも家族も一緒に熱海温泉を満喫可能。食事会場では、離乳食の無料サービスも!家族全員で行く初めての温泉旅行が、最高に心地よい思い出になります。

「熱海後楽園ホテル」その他のおすすめポイント

大展望風呂、海望(うみ)の湯からは、昼間は壮大な海を、夜はきらびやかな夜景を楽しめます。

赤ちゃん連れなら、特典充実の「赤ちゃんくらぶ」プランは要チェック。ベビーグッズのレンタルも利用して、子連れ温泉旅行を最高の思い出にしてください。

リゾナーレ熱海

「子供と愉しむ」をコンセプトに、いつも多くの子供連れ旅行をサポートしているのが「星野リゾート リゾナーレ熱海」です。

訪れるキッズを虜にしている秘密の1つが、ホテルの裏山にある樹齢300年以上のクスノキのハウス「森の空中基地 くすくす」。子供と一緒に全長80mにも渡るアスレチックを楽しめます。

「リゾナーレ熱海」その他のおすすめポイント

熱海温泉を楽しむのに、子供連れであちらこちらへ行くのは骨が折れるものです。一方、多彩なアクティビティを取りそろえたリゾナーレ熱海であれば、ホテルで過ごす時間そのものがワクワクの観光旅行に早変わり。

30日前までの予約がお得な体験付プランを利用して、またとない旅行にしてみませんか?

公式情報・料金をチェック
星野リゾート リゾナーレ熱海

ホテル貫一

「お風呂だけでなく、食事も個室だと助かる」と考えているなら「ホテル貫一」がおすすめです。

新鮮な海の幸、山の幸に恵まれている熱海。そんな地元の食材を豊富に取り入れた創作和食会席を、お部屋でじっくりと楽しめます。

快適なお食事タイムにするためにも、調乳ポットなどのベビーグッズの無料レンタルを利用してください。

「ホテル貫一」その他のおすすめポイント

ホテルの屋上には、相模湾を一望できる展望貸切露天風呂があります。天気がよければ、初島や大島を臨めるかもしれません。

幼児の子供連れなら「2歳未満添い寝無料」プランがお得です。子供の温泉デビューを、よりお得に楽しみましょう。

公式情報・料金をチェック
ホテル貫一

さくらや旅館

和モダンなホテルもいいけれど、昔ながらの老舗旅館を子供連れで楽しむのも魅力的。昭和24年に創業した「さくらや旅館」は、子供と一緒でも気兼ねなく熱海温泉を楽しめると大好評のお宿です。

広々としたお風呂付きの客室では、おむつ外れ前の赤ちゃんと一緒でも、周囲を気にせず入浴可能。

朝夕ともに部屋食で、子供向けの料理がある点も喜ばれています。子供の食事に関しては事前の相談をお忘れなく。

「さくらや旅館」その他のおすすめポイント

サウナ風呂もある天星の湯と、寝湯が設置された海星の湯、2種類の大浴場は、朝と夜の男女入替制です。1泊でどちらも利用できるため、温泉好きなお父さん、お母さんも大満足!

0~2歳の子供連れなら、お部屋やお風呂にベビーグッズの用意がある「赤ちゃんプラン」もぜひご確認を。

公式情報・料金をチェック
熱海温泉 さくらや旅館

おすすめ宿なら子供連れでも安心♪熱海温泉を楽しもう

さかのぼれば奈良時代から知られてきた熱海温泉。総湧出量は1分あたり約17,000リットルと豊富で、繊細な赤ちゃんや子供の肌にもなじみやすい泉質も魅力的です。

東を見れば海が広がり、西を向けば青々とした山を臨める豊かな自然も、子供と過ごすのにはぴったり。子供連れでも安心のおすすめ宿で、ぜひ熱海温泉を満喫してください。

Writer:ニシムラ。