ちりっくのロゴ

ハイキング初心者に必要な持ち物まとめ!新しい物は買わなくてもOK

観光

share

健康づくりを兼ね、自然の中を歩きたい。そんな思いから若者やシニアの間でハイキングを楽しむ人が増えています。書店やネットには関連情報が溢れていますが、これからハイキングを始める方にとっては何か特別な持ち物が要るのかと、かえって不安ではありませんか。

この記事ではハイキング初心者の方に向け、最低限必要な持ち物と装備について詳しく解説しています。また、記事の後半では「もし買うのであればこれがおすすめ!」というアイテムも紹介しています。

これを読めば明日ハイキングに行く方も準備万端、安心して出発できます!ぜひ参考にしてくださいね。

この記事を監修した人

枠線付き 円形プロフィール画像
Hatsu

東海地方出身、生まれてから現在まで20年以上在住。ローカル知識を生かし、ついつい読みたくなるお出かけ情報を発信します!

ハイキング初心者の持ち物は家にあるもので充分!

山道で休憩

ハイキングに必要な持ち物をネットで検索するとさまざまな専門用具が出てきますよね。初心者はそれらを全て買い揃えないとハイキングできないのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。

子供時代を思い出してください。遠足で山に登る時、何を持って行きましたか?どんな格好で行きましたか?

大人になっても基本は同じ。特別なものは必要ありません。今持っているものを使えばいいのです。持っていないとか不都合を感じるものだけ買いましょう。

初心者ハイキングに必要な装備と持ち物は?

ハイキングの持ち物

シニアのハイキング初心者にとって必要な装備と持ち物をまとめてみました。

服装 スポーツウエアやユニクロのシャツなど
動きやすい服を重ね着で
履きなれたスニーカー
リュック 普段の街リュック
ポケットは多い方が◎
レインウエア 降水確率の怪しい日には必要
携帯/スマホ フル充電しておく
食べ物 昼食と必要に応じてチョコレートなどのおやつ
飲み物 1ℓは必要
500mlのペットボトルを2本で
ビニール袋 ゴミ用
ゴミは全て持ち帰るのが山の掟
地図 観光案内所にあるようなものやネットからプリントアウトしたものなど
タオル 汗ふきや転んだ時、日焼け防止などいろいろ使える
ティッシュ トイレだけでなく用途はいろいろ
ヘッドライト 万が一遅くなったときのためのお守り
携帯トイレ 心配な方のみ
除菌ティッシュ 気になる方のみ

ここからは、初心者に必要な持ち物の中から、いくつかピックアップして詳しく解説していきます。

服装

ハイキングを楽しむ男女

山の気温は100m上がるごとに0.6度下がり、風速1mで体感温度が1度下がります。たっぷり汗をかいても標高の高い山ならすぐに体が冷えてしまうため、汗を吸っても乾きにくい木綿の服より、汗を外へ発散させて肌をドライに保つポリエステルやナイロンなど化繊の服がいいといわれています。

しかし、初心者がハイキングに行く山はそれほど高くないため、素材にそこまでこだわる必要はありません。家にある服を普通に重ね着して暑かったら脱ぐ、寒かったら着ればいいのです。あれば帽子もかぶっていきましょう。

靴を履く男の子

ハイキングに多い100~200m級の山ならば、持ち物としてはいつもの履きなれたスニーカーで充分です。1,000m級の少し高い山にチャレンジする方はトレッキングシューズを買うのがいいでしょう。購入の際は店員さんとよく相談し、必ず試着をしてください。

モンベルでトレッキングシューズを何足か試着し、いちばん無難なのを買おうとしたところ、店員さんに「○○○(ライバル店名)のほうがお客様の足にもっとピッタリ合う靴が見つかると思うのでそちらに行ったほうがいい」といわれたことがあります。

ライバル店を勧める店員さんも立派ですが、それくらい靴は自分の足に合ったものがいいというのです。自分にフィットするものに出会えるまで繰り返し試着してくださいね。

リュック

リュックサック

今持っているリュックでOKですが、持っていない方はショルダーをななめがけにするのは危ないので止め、後述するようなのを1つ買うといいでしょう。

ちなみに登山用のリュック(ザックといいます)は重い荷物をできるだけ負担を減らして背負えるようチェストベルトやウエストベルトが付き、きちんと試着して買いますが、初心者のハイキングにはそこまで必要ないでしょう。

レインウエア

雨の日の登山

初心者のハイキングは雨の日はもちろん、雨が降りそうな日も避けるのが基本です。しかし日程上、降水確率の怪しい日に行かざるを得ないこともあるでしょう。そんな時はレインウエアが必要です。

すでに持っていれば、それを持ち物にしましょう。持っていない方はこの機会に持ち物として買っておくことをおすすめします。ただし、「初心者だから安物でもいいでしょ」といって、100均のレインウエアはNGです。枝などですぐに破れてしまいます。

靴・ザック・レインウエアは登山の3種の神器といわれています。多少値が張っても良いものを選んでください。おすすめはゴアテックス。マイナス15度のアフリカキリマンジャロ山頂で、防風・防寒・防雪の役目をはたしてくれたのが、ゴアテックスのセパレートタイプのレインウエアでした。

ハイキングにそこまでのクオリティは必要ないかもしれませんが、1つあれば後々登山をやりたくなったときにも重宝します。

ヘッドランプ

初心者のハイキングは陽のあるうちに終えるのが鉄則ですが、何らかのアクシデントで遅くなってしまった場合、電気のない山中で役立つ持ち物がヘッドランプです。両手が使えるのがメリットで、防災用品としても役立ちます。持っていない方はこの機会に1つ買っておくことをおすすめします。

買うならコレ!ハイキング初心者におすすめのアイテム

上述した持ち物がないなら、アウトドアショップなどで購入しましょう。実際にハイキングへ行った経験を活かして初心者におすすめのアイテムをピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

リュックサック

MILLET(ミレー) マルシェ 20 8,690円(税込)

ハイキング初心者にぴったりのミレーのロングセラー商品。ポケットが多く機能的で背負い心地の良い定番リュックです。身長が145cm程度であれば子供でも使えます。

容量は20ℓですが、他メーカーに比べやや大きめなので、日帰りハイキングの他1泊旅行にも使えるオールマイティなリュックです。

このアイテムの詳細・公式情報を見る

レインウエア

バイレス(BAILESS) ゴアテックス レインスーツ 24,640円(税込)〜

風雨を防ぎ、汗やムレを外へ逃がすゴアテックスのセパレートタイプです。持ち運びに便利な収納袋付きで605gと軽量。フードは使わないとき襟もとに収納でき、ウインドブレーカーや防寒着としての着用もできます。

水にぬれないジッパータイプのポケットや靴を履いたまま着脱できるようパンツのサイドファスナーが長めになっているなど随所に工夫がされています。お値段高めですが、高機能&高品質で信頼に足る一品です。

このアイテムの詳細・公式情報を見る

Columbia(コロンビア) セイバー4 ミッド アウトドライ 13,750円(税込)

初心者におすすめのミドルカットで足首のホールド感が適度なハイキングシューズです。防水透湿性でムレを外へ逃がし、沢歩きもOK。ソールが柔らかいので低山ハイキングでは歩きやすく、お値段も手頃です。

このアイテムの詳細・公式情報を見る

ヘッドランプ

PETZL(ぺツル) ティキナ 2,970円(税込)

パワーある明るさで、弱・中・強の3つのレベルに切り替えられます。単3電池3本もしくは専用の充電電池(別売)に対応し、ヘルメットや自転車にも取り付けられるため、普段使いにも災害用にも使えます。

このアイテムの詳細・公式情報を見る
 

携帯トイレ

携帯トイレ 〔鈴木みき〕 「勝手に山のこと」 1,100円(税込)

トイレ袋や使用後の防臭袋だけでなく、使用シーンが隠れるポンチョがあるため女性におすすめです。災害時にも使えます。一般的な携帯トイレより値段が高めですが、山の活動に取り組んでいる団体や個人に売り上げの一部が寄付されるためです。

このアイテムの詳細・公式情報を見る

まとめ:まずは自然の中を歩いてみよう!

今回の記事では、ハイキング初心者の持ち物を紹介しました。ハイキング初心者は、最初から必ずしも専門的な用具を買い揃える必要はありません。まずは今あるものを使い、必要に応じて買い足せばそれで充分なのです。

さあ、思い立ったが吉日。さっそくハイキングに出かけてみませんか。清々しい空気を、素晴らしい景色を、思う存分味わいましょう。

Writer:あきいた